カラコンを購入、使ってみよう

カラコンを購入、使ってみよう これから初めてカラコンを使ってみたいと考えている方は、購入における注意点を知らないという事があるのではないでしょうか。目に接触させて扱う商品であるため、極力安全性を考慮して、カラコンを選ぶ事が大切となります。当サイトでは、カラコンを購入するための知識について紹介します。

コンタクトレンズにおしゃれ目的でカラーが施されているのが言わばカラコンです。コンタクトの場合、ソフトとハードという二種類の区別がありますが、カラコンは基本的にソフトコンタクトレンズになっています。これは、水分を含んでいて柔らかい素材で作られており、目の十分な酸素を行き届かせる事が出来ます。以前までは度なしのカラコンであれば眼科にかかる事なく購入する事も出来ましたが、今では度あり、度なしに関わらずカラコンを購入する前に眼科にかかる必要があります。そこでは、目のカーブを調べてもらったり、カラコンを使っても問題がないか確認してもらったりする事が出来るので、調べてもらう事で安全にカラコンを使用できるようになります。

また、カラコンでも度を入れたタイプを使用する場合には、購入にあたって度数のデータが必要になりますので、当然ですが眼科医に的確に計測してもらう事が必要です。商品を選ぶ際にはいくつかチェックしておきたい部分がありますが、その一つとして含水率があげられます。これはレンズに水分がどれほど含まれているのかという事を示している数値になりますが、含水率が50%を超えると一般的に良いとされています。含水率が高いと目へ酸素を与えやすい特徴がありますので、目のトラブルを引き起こしづらいメリットがあります。また、コンタクトにありがちな、レンズの違和感、目がゴロゴロするような症状も、含水率が高いと感じづらくなります。

さらにカラコンを使ってオシャレを楽しみにあたって、着色直径にも注目しておきたいです。これは、レンズに着色が施されている直径を表しているもので、大きければ大きいほど黒目を大きく見せる事が可能という事になります。しかし、不自然なほど着色直径が大きいレンズをつけてしまうと、黒目の割合が白目の部分に対して多くなってしまい、やや不自然な印象を与えてしまう事となります。瞳の黄金比というのが存在し、白目と黒目は「1:2:1」とがいいとされています。これに合わせて着色直径やサイズを選ぶ事をおすすめします。これから購入する事を検討している方は特にチェックされてみてはいかがでしょうか。

最新ニュース